私の気になること

アラフィフ働く主婦の私が気になることをいろいろ書いています。

*

台風の大きさと強さ!何でどう決まるの?

      2015/08/09

台風11号が上陸しました。近畿地方直撃でした。今年2個目の上陸だそうです。8月にしてですょ。(◎_◎;) テレビで台風情報を見ていると、「大型で強い台風」などと言っているのを聞き・・・

台風の大きさと強さって何でどう決まるのかな?

なんて、ふと気になり調べてみました。簡単にでもちょっと知っていると、台風シーズンの情報を聞くときには役に立ちそうでしょ?一緒に見ておきませんか?!

スポンサーリンク

台風の大きさ

プリント
台風の大きさは強風域(風速15m/s以上の風が吹く)の半径によって分けられます。
また、風速25m/s以上の風が吹く範囲を暴風域といいます。
※風速の単位 m/s = 1秒間に空気が移動する距離

    風速15m/s以上の半径が

  1. 200km以上~300km未満 = 小さい
  2. 300km以上~500km未満 = 中ぐらい

  3. 500km以上~800km未満 = 大きい

  4. 800km以上 = 非常に大きい

強風域の大きさが、台風の大きさを言うのですね。台風の強さは、大きさとはまた別物なのです。では強さはどうやって表すのでしょう。続いて台風の強さについてです。

台風の強さ

Print
台風とは、熱帯性低気圧であり、その風速の強さによって分類されます。台風の強さは10分間平均の最大風速で区分されます。

  1. 33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満 = 強い

  2. 44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満 = とても強い

  3. 54m/s(105ノット)以上 = 非常に強い

※ノットは1時間に1海里進む速さ
 1海里=1852m なので、1852メートル毎時

ニュースなどの台風情報では、「大型で強い台風」 なんて言い方をよく耳にしますよね。台風は、「大きさ」と「強さ」を組み合わせて言います。そして、半径が500km未満では大きさを表さず、最大風速が33m/s未満では強さを表しません。

あともう一つ台風情報でよく耳にするのが、ヘクトパスカル(hPa)。これってなにか分かりますか?なんとなく何かの単位なのは想像がつきますが・・・。では次に、そのヘクトパスカル(hPa)について見ていきましょう。

ヘクトパスカル(hPa)ってなに?

プリント

台風情報で、「中心気圧は 〇〇ヘクトパスカル(hPa)」なんて言っていますよね。このヘクトパスカル(hPa)は、気圧を表す単位なんです。

私たちが普段生活している中にある空気にも重さがあるんですね。1平方センチメートルの面積の上に、およそ1kgの空気が乗っているのです。それを標準気圧=1013hPaと表します。

高所になるほど気圧は低くなります。

    気圧が1013hPaより

  • 高ければ高気圧
  • 低ければ低気圧

風は高気圧から低気圧にかけて吹くんです。これでだいたいの大きさと強さ、気圧の単位などの感じはつかめたでしょうか?^^;

今回、我が家ではガーデニングの植木鉢がなぎ倒され、割れてしまったりしました。植木や花も折れてしまって・・・(:_;) ベランダの水はけも悪くて詰まらないか心配でした。

では次に、台風など災害時のときに何をどうするか、簡単に見ておきましょう。

スポンサーリンク

台風が来る前に点検を

台風がやってくるとき、急に慌てなくていいように、備えておくべき・しておくべきことを頭に入れておかなくちゃ!と思いますよね。どんなところをチェックしておけばいいのか、簡単にまとめてみました。

準備・点検しよう!
  1. 乾電池や非常食を用意する
  2. 家の周りの飛びそうな物を片付ける
  3. 飛んで壊れると危なそうな物を固定する
  4. 水はけを良くする

やはり、なんでもしておいて悪いということはないですからね。今回のように大きな台風が来ると、そう実感します・・・。もちろん、日頃の掃除や周囲の片づけなどもきちんとしておくべきなのですが・・・。^^;

最後に

テレビの台風情報を聞いていて、台風の大きさや強さがどういうものなのかふと気になって・・・今回簡単にご説明しました。

いかがでしたか?

台風には、おおよその勢力の目安として、風速をもとに「大きさ」「強さ」を表現するということが分かりましたね。

そしてヘクトパスカル(hPa)、これは気圧の単位であることも。

台風情報を見たり聞いたりしたときに、ちょっと把握できるようになれば災害に対する心構えも違います。

ちなみに、台風の番号毎年1月1日を基準に1番早く発生した台風を1号として以後発生した順番に番号がつけられるのです。
今回の台風は11号・・・8か月でもぅ11個も台風がきているのですね。改めてびっくりです!けれど、裏を返せば・・・まだ8月で11個です。

台風シーズンはまだまだこれからです!皆さんもくれぐれも気を付けて災害時に慌てないよう、備えていきましょう。

スポンサーリンク

 - 日常

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

足に靴が合わなくて痛い!そんな時に知っておきたいポイント

最近は、ヒールの高さが少ししかない靴を履いても、足が痛くって。靴擦れなどの明らか …

祝儀袋の表書きの書き方を伝授します!

会社で「ご祝儀袋に名前を書いて!」と急に頼まれたりします。事務という仕事柄、そし …

追善供養の意味とは?心なごむ3つのお供えについて

叔父が亡くなりました。お通夜・葬儀のあと、初七日の法要も行われました。法要のあと …

ハロウィンの衣装!かわいいのはやっぱりディズニー?!

ハロウィンでいろいろな衣装を身にまとい、街中を歩くようになったのは、いつのころか …

美味しいお茶の入れ方!時間がないときはコレ

急須から入れた温かいお茶・・・どんなときにお茶を飲みますか?渇いたのどを潤すため …

紅葉狩りの由来!どうして眺めるだけなのに狩りなの!?

紅葉の季節になるとよく耳にするのが 「紅葉狩り」 という言葉ですよね。 紅葉を見 …

土用の丑の日とうなぎ!その由来は?

「土用の丑の日」と「うなぎ」ってよく見たり聞いたりしますよね。これにはどんな関係 …

手持ちの花火!写真を綺麗に撮るコツは!?

夏の風物詩と言えば花火!!夕食後に子供たちと手持ちの花火を楽しむ!夏休みの絵日記 …

ほぼ日手帳の使い方は?主婦ならこう使おう!

ほぼ日手帳(ほぼにちてちょう)って知っていますか?2002年から毎年発売されてい …

着物の柄と着る季節!初心者にも分かる簡単ルール

最近、着物に少し興味が湧いてきて、ひとりで着られるように習ったり踊りの会を見に行 …