赤いパンツのスピリチュアル的な意味合いとは?縁起のいい効果効能もご紹介

日常

赤いパンツのスピリチュアル的な4つの意味合いとは?

赤は、血の色であり、火を連想でき、太陽の色でもあります。

人類が最初に使った色といわれています。

中国で生まれた「風水」では、赤は火の気の象徴であり、「生命力」「情熱」「活力」などの意味合いがあります。

風水の中でも最も力が強く、決断力・積極性を与えてくれる色なのです。

日本でも、古来より赤は神社の鳥居に使われていたり、おめでたいときに炊くお赤飯もそうですが魔除けや厄除けの意味があります。

そんなスピリチュアル的な意味合いから、赤いパンツを履くといいということなのです!

赤いパンツのスピリチュアル的な4つの意味合い
  1. 決断力を促し仕事運アップ
  2. 積極性や勇気が出て勝負運アップ
  3. 生命力が高まり健康運・子宝運アップ
  4. 邪気を払い魔除け・厄除け効果

最近、なんかツイてないなぁ~・・・

運気を上げたい人は 赤いパンツ を履くといいそうよ!

え゛っ!赤いパンツ

赤いパンツの効果・効能とは

赤いパンツの4つの効果・効能
  1. 体を温める作用がある
  2. 血行促進・ホルモンの活性化
  3. 原動力を生み出し、エネルギッシュで元気になる
  4. 内なるパワーを引き出す

赤いパンツには丹田のツボを刺激するという作用があります。

丹田(たんでん)とは

内丹術で気を集めて煉ることにより霊薬の内丹を作り出すための体内の部位。下丹田は東洋医学における関元穴に相当し、へその下3寸(へそと恥骨稜の間を5寸とする骨度法による)に位置する。

Wikipediaより

もう少しわかりやすく説明すると・・・

「腹筋の奥を言い、おへそからだいたい5センチ下で、背骨に向かって5センチの場所」

のことです。

五臓の中心とも言われています。

運気を上げたい人は赤いパンツを履くといい、その効果は期待できることが見えてきましたね。

スポンサーリンク


なぜ赤いパンツで運気が上がるの?

実際、目隠しをして「赤い部屋」と「青い部屋」に入った場合、「赤い部屋」では体温や血圧が上昇し、「青い部屋」では体温や血圧が低下するという実験データも得られています。

肌も色を感じることができるということなのです。

目には、色の光をとらえるオプシンというたんぱく質複合体があります。

皮膚にも、赤・青・緑の光の色を区別するオプシンがあるという研究結果も得られています。

これらのことから、赤いパンツをはくと皮膚が赤を感じ、体の中心にある丹田のツボが刺激されて温まる。

体が温まると血行が良くなりホルモンが活性化されるというわけです。

血行がよくなりホルモンが活性化されると、体はエネルギッシュで元気になり、様々な原動力を生み出してくれます。

そうすると、ますます内に秘めたパワーが引き出されます。

だからパンツは赤がいい、という原理なのです。(^_-)-☆

ちなみに、申年の赤パンツは災いや病が去るということで、ますます縁起がいいそうですよ!

スポンサーリンク



赤が持つ意味とは?

血や火や太陽を連想させるは生命力の色。

人間で一番生命力のある塊は、「赤ちゃん」と言い、衰え始める60歳の還暦になると赤いちゃんちゃんこを着ます。

赤いちゃんちゃんこ

昔から、駕籠かきは赤いふんどしを履き、遊女など体を張って生きている女性は赤い襦袢を着ていました。

なるほど~。。。

少なくとも、赤のイメージと聞かれて、冷たいとか元気がないとか、負のイメージを抱く人はあまりいないのではないでしょうか。

そんな赤は「明るい」「明らか」という意味から以下のような包み隠しのないことや正直さを意味する言葉がたくさんあります。

「赤貧」(何一つ所有物がないほどの貧乏)

「赤裸々」(まったくの裸、包み隠しのないこと)

「真っ赤なウソ」(まぎれもない嘘)

「赤心」(飾りのない、まごころ)

それほど赤はいつの時代にも普遍的な象徴であり、黒と並んで最も重要な色とされています。

余談ですが、最近和服に縁があるので赤い襦袢の話を一つ。

赤い襦袢は、和服での勝負下着という位置づけもあるそうです。

オモシロいところでは、四十八手の文様の赤い長襦袢というのがあります。

四十八手の文様の赤い長襦袢

四十八手の文様の赤い長襦袢

 

これは永遠の男女の仲を、ひいては 子孫繁栄、家内安全 を願っての文様だと言われています。

また、持っていると縁起が良いとされます。

ちなみに、私も持っています♪ (^^ゞ

kako-0dorcrywxlgff12c

四十八手の文様の赤い長襦袢

そして、黒は悲しみの色。

だから、黒い洋服を着るときは特に、赤いシャツや赤いパンツを下着として着ると良いそうです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



さいごに

最近、「なんかツイてないなぁ~・・・」 なんて思う私。

そんなときってありませんか?

新しい靴を履いて出かけようと思うと雨が降ったり、

信号が赤ばっかりだったり・・・

些細なことなんだけど、なんかスムーズにいかないなぁ~なんて。

そんなとき、「美輪さんの言葉で運気が上がった!」 というのをテレビで偶然やっていたんです。

そう!あのスピリチュアルで有名な 美輪明宏 さんです。

その番組の中で美輪さんが次のようにおっしゃっていました。

美輪明宏
美輪明宏

「運気を上げたい人は赤いパンツを履くといい」

そこで今回は、そんな赤いパンツのスピリチュアル的な意味合いを、縁起のいい効果効能とあわせてご紹介しました。

私、大好きなんです♪美輪様

ちょっとした発言が、心にズシーン!と響いてくるのです。

でも、よーく考えてみると、それは当たり前のことのようなのですが、

美輪さんがさらりと言うことでそれを気づかせてくれるのですね。

そんな気がします。

古来の言い伝えなどは、昔の人の経験や知恵から生まれた統計学のようなもの。

だから、先人たちが良しとしてやってきたことには、ちゃんと理由があるのです。

美輪明宏
美輪明宏

まがまがしい、いい加減な迷信に振り回されてはいけませんが、

自分なりにきちんと見分けて取り入れることが大切。

と美輪さんは付け加えておっしゃっていました。

もちろん、パンツを赤にしたからといって運気が必ず、驚くほど上がるとは私も思ってはいません。

でも、ちょっとした気分転換に下着を買い変えてみようかな?

じゃあ、健康にいい色 にしてみよう! なんて。

それが、結果的に幸運につながったらなおさら良いじゃないですか?

最近なんかちょっと上手くいかないなぁ~なんてブルーな気分のあなたも、早速、赤いパンツを買いに走り出したくなるかも~♪

スポンサーリンク


コメント

  1. なつよん より:

    (^_-)

タイトルとURLをコピーしました